社長直通メールの功罪②

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

前回の「社長直通メールの功罪①」の記事はこちら!

従業員に対して、働くということは遊んで楽しむことではないと指導していた店長。

その店長に、メールが転送されてきました。

社長からです。

その内容は・・・・・

「○○店のスタッフのやる気が下がってきています。

 前任の店長の時は、チームワークもあり、仲間で楽しく仕事をしていたのですが、今は楽しくありません。

 朝礼や終礼でも、やる気のなくなることばかりです。

 今の店長になってから、店の中がおかしくなっています。

 社員さんも、店長に対して不満が溜まっている様です。

 そう言っているのは、私だけではなく、アルバイトのほとんどがそう言っています。」

といった内容でした。

店長は、アルバイトスタッフがそう感じているのは知っていましたが、店の風土を改善するために孤軍奮闘していたのです。

そんな時に、このメールが社長に送られ、店長へと転送されてきたのです。

店長は社長からの無言のメッセージを、自分なりに解釈してしまいました。

「お前が来て、店がおかしくなっとる。

 部下たちの言葉に耳を傾けて、今の課題を改善しなさい。

 自分のやり方を、見つめ直しなさい。」

という様に、受け取ったのです。

結果・・・・・

店長のモチベーションはダウンし、部下を教育する気力を失い、流れに任せてしまったのです。

店の稼働は微妙に横這いから、若干落ちてきているかな?という状況でした・・・・・

部下たちからの不満は収まりましたが、店の風土は改善されませんでした。

その店長にすれば、長い月日だった様ですが・・・・・

半年後、人事異動が行われました。

部下たちも入れ替わり、他店から主任や一般社員が赴任してきました。

その新しく来た社員たちは、

「こんな遊んでるか?働いているか分からん?様なスタッフは駄目ですよ!

 店長、このままで良いんですか?

 店を変えていきましょうよ!」

という声でした。

店長は部下たちにエネルギーをもらい、再び従業員教育に力を入れていきました。

その結果・・・・・

過半数のアルバイトスタッフは、順番に退職していき、ほとんどが新しいスタッフへと入れ替わっていきました。

また、この店から異動していった主任や社員も、順番に退職していくことになったのでした。

社長の直通メールの裏で、こんなドラマがあったことを社長自身は知らないそうです。

事実確認と、適切なフィードバックの言葉掛けは大切ですね!

あなたは部下から挙がってきた問題の事実確認をきっちりと行っていますか?


社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です