自己変容の軌跡 Vol.23

おはようございます。

社会人の青春! 蔀(しとみ)晋輔です。

前回の「自己変容の軌跡 Vol.22」はこちら!

私の立命館大学の合格(夜学ですよ!)は奇跡的だったらしく、後々の進路指導室で3年生の生徒たちに語られていたそうです。

「〇〇高校だから大学は無理なんて思うな!

 去年も関関同立に合格した先輩がいてるんやから希望は捨てるな!」

後輩曰く、その様な感じで、夜学というのは伏せられたまま語られていたそうです。(笑)

それでも我が母校は、その後は進学校にレベルアップしていったんですよ。

ちなみに、後輩に相川七瀬がいます。(もちろん会ったこともありませんが・・・・・)

そして、残りの高校生活を過ごすことになったのですが・・・・・

もう毎日がセンチメンタルで・・・・・

泣き出したいくらい一日一日が愛おしかったです。

この教室で、このメンバーで授業をするのは後3ヶ月しかない!

この風景を目に焼き付けておかなければ・・・・・

この運動場で、このメンバーで運動をするのは後2ヶ月しかない!

この体育館で、このメンバーでバスケをするのは後1ヶ月しかない!

ああ!青春が過ぎ去っていく!

このメンバーで、昼にお弁当を食べるのは後数回しかないのか!(昼は学校を抜け出して、学校横の公園でレジャーシートを敷いて弁当を食べていました!(笑))

このメンバーで、バイク置き場まで一緒に行って別れるのも後数回しかないのか!(私たちはバイク通学をしていました!汗)

この渡り廊下を歩くのも、今週で終わりなのか・・・・・

この階段を上るのも、後3日で終わりなのか・・・・・

あの子の顔を見れるのも、後2日で終わりなのか・・・・・

こいつらとバカをできるのは、明日で終わりなのか・・・・・

この目の前の風景を見ることができるのは、今日で終わりなのか!!!!!

そんな心境でずっと過ごしていました。

この一瞬一瞬を目に焼き付けよう!記憶に残そう!忘れずにいよう!

そう思いながら卒業を迎えました。

小椋佳作詞作曲の「シクラメンのかほり」ではありませんが・・・・・


(1) シクラメンのかほり 小椋 佳 – YouTube

♪疲れを知らない子どもの様に~時が二人を追い越していく~♪みたいな感覚がずっとありました。

自分の後ろから何人かの子どもたちが走ってきて、キャッキャッと言いながら私を追い越していくのです。

今でもそんな感覚になる時があります。

一つの時代が終わる時。

充実した取り組みが終わる時。

そんな感覚に包まれるのです。

自分が充実していない時には、この子供たちは現れてはくれないのですよ!

不思議ですね。

この子どもたちが、私を追い越して走っていく時は、淋しいながらも微笑んでいる自分がいる様です。

そんな子供たちが駆け抜けていく感覚を感じながら、高校生活に幕は下りたのでした。

(つづく)

社会人の青春!学校の紹介ページが完成しましたので、是非ともご覧下さい。
https://synergy-ark.com/lp/index.php

シナジーアークのホームページ
https://synergy-ark.com/

日本野外研修ワークショップ協会の、野外研修に少しでも興味があればご覧下さい!↓
https://www.youtube.com/watch?v=RWgIjVWczMY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR0B8FF4n6kbGboT63TMTTIYHbJXb4n2Q2WnuBGmtzpIgUv9ukevPe7VzPQ

Facebook
友達申請お待ちしております。
一言メッセージを添えていただけるとすぐに承認致します。
https://www.facebook.com/shinsuke.shitomi

野外研修・人材育成・社員教育・風土改革・組織改革・研修
社会人の青春!!野外研修と「スクールプロセス型」人財育成

株式会社シナジーアーク 代表取締役
一般社団法人日本野外研修ワークショップ協会 西日本エリア統括兼関西支部長
蔀 晋輔(しとみ しんすけ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です